Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

今月の実験

こんにちは!
今月も総会で披露された実験たちの一部をご紹介します。

が、その前に、先月行われました五月祭の報告をさせていただきます!

CASTはミュージアム企画「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」とステージ企画「なるほど体感!サイエンスショー@本郷」を出展しました。2日間でミュージアムにはおよそ6000人、ショーにはおよそ800人の方にお越しくださいました。また来場者の方々の投票で優秀企画を決める「MFAwards」では、学術・文化・展示部門で2位をいただきました!ありがとうございました!

それから、5月10日の投稿で暗号の問題を出していました。

この暗号の読み方は、ズバリ「このあんごうがよめるかな」です。
上の暗号をプリントアウトしてちょうどいい太さの筒に巻くと、この文が現れます。
しかしそのような筒はなかなか見つからないかもしれません。だからこそこれは暗号なのです。この暗号専用の鍵、つまりこの文を読むための筒を持っている人だけが読めるのです。
とはいえ、法則を見つけるとこの暗号は鍵がなくても読めてしまいます。まず最初の文字「こ」、次はその4つ下の「の」、次はその4つ下の「あ」、次は「こ」の下の「ん」、次はその4つ下の「ご」・・・と読んでいけばよいのです。
このように暗号の多くは時間をかければ力ずくで解けてしまいます。暗号の歴史は、いかにして力ずくで解けなくするか、を追求する歴史でもありました。


さて、今月の実験を見ていきましょう。

まずはこちら。

ビンの中に入っているのは、マシュマロです。ビンの中の空気を抜いていくと・・・

マシュマロが大きくなります!体積にしておよそ8倍です。そして空気を入れた瞬間にまた縮んてしまいます。

続いて、このように水を入れたグラスをゴム板で覆うと、ひっくり返してもこぼれません。

でもこれだけではありません。グラスの下にあるバケツ(水4Lぐらい)も・・・

このように吊り下げることができます!とても身近な材料でできますが、成功率は低めなのでマネするときは注意してくださいね。

他にも披露された実験がたくさんあるのですが、使える写真がなくて紹介できませんでした。申し訳ありません。
では次回もお楽しみに〜
  • 2014.06.23 Monday
  • 01:06

活動日誌

五月祭前日準備!

さあいよいよ五月祭前日となりました。
今日は授業が午前中で終わり、午後は会場で準備をしました。ちょっとその様子をのぞいてみましょう。

こちらでは、手前側でCASTを紹介するパネルを作っています。CASTは科学の面白さ、奥深さを伝えるため、いろんな場所で実験教室やサイエンスショーを行っています。


こちらはCASTの歴史、その名もCASToryです。最初は「科学コミュニケーション研究会」という名前だったのですね。段ボールにたくさんの紙を貼ってこのようなパネルを作っていきます。


外では、先日の記事でも紹介したトンネルの枠を組み立てているようです。


そのころステージではショーがリハーサルをしています。こちらはとっても長い筒・・・?何が起こるのでしょうか。


このように2人の司会とパフォーマーによる実験でショーが進んでいきます。


そんなショーの会場とミュージアムの会場は互いに見える位置にあります!(ステージからの写真。矢印のところがミュージアム)


ミュージアムではたくさんのパネルが完成しました。さらに紙のお花などで会場全体をきれいに装飾していきました。


いかがでしたでしょうか。明日はたくさんの実験を用意してみなさまをお待ちしております!詳細はCASTの公式ホームページをご覧ください。
  • 2014.05.16 Friday
  • 23:30

活動日誌

五月祭まで一週間!

東京大学の春の学園祭、五月祭まで一週間を切りました。
CASTは科学館企画「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」と、サイエンスショー「なるほど体感!サイエンスショー@本郷」を行います。今日はその準備の様子をちょこっとのぞいてみましょう。

「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」では、2つのブースを出展します。
ひとつは、「タンパク質」を扱います。タンパク質といえばお肉や卵に入っている栄養素、というイメージが強いですが、それはほんの一面にすぎません。このブースでは、タンパク質のいろいろな顔を実験や模型を使って楽しくお伝えします。
もうひとつは、「振り子」を扱います。複数のおもりがついているのにその内のひとつだけを揺らす「念力振り子」というふしぎな実験を最初にお見せし、わかりやすい実験、解説とともにその秘密に迫っていきます。なんと「念力振り子」はミニ版の工作も用意しています!


さらに「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」は展示・体験企画も充実しています。
例えば、下の図、一見して適当な文字列ですが・・・この暗号が読めるかな?

この暗号、古代ギリシャ時代に使われていたもので、実は大したものではありません(あるカギを使えば一瞬で読めます。使わなくても読めるかも)。
しかしCASTの展示では、このような昔ながらの暗号だけでなく、まさに今研究が進んでいる暗号も体験できます!

さらにこんなトンネルも登場します!(写真はトンネルの内壁です)

一見ただの薄暗いトンネルですが、地味にCASTの学園祭定番になりつつある○○板を通して見ると・・・?
この他にも、なるほど実感!できる体験展示がたくさんあります。お楽しみに。

そしてサイエンスショーは大きく派手な実験たちを、今までとちょっと違うスタイルでお届けします。この春の新入生たちが、いたずら好き(そして実験好き)なパフォーマーを演じます。こちらもぜひご覧ください!

このような内容でお届けする五月祭のCASTですが、本日5月10日、最終ピアレビュー(仲間内で内容に意見し合うこと)が行われました。すでに数回ピアレビューが行われ様々な改善がなされてきてもなお、たくさんの意見が飛び交いました。また明日から当日に向けてさらにブラッシュアップしていくので、ご期待ください!

CASTの五月祭企画、「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」は工学部11号館2階で、「なるほど体感!サイエンスショー@本郷」は17日9時40分〜・14時15分〜・18日10時00分〜(以上@工学部前広場)・15時00分〜(@合格通り前広場)です。ご来場お待ちしております!
  • 2014.05.10 Saturday
  • 23:52

活動日誌

第1回新歓実験大会!

4月13日(日)、第1回新歓実験大会が行われました!文系からも理系からも、合わせておよそ30人に来てもらえました。

初めに、CAST定番の空気ショーから一部の実験を披露しました。写真は、空気の重さを感じよう!ということで、巨大風船をポンポンたたいているところです。

そのあとにも、発電の実験、磁石の実験、食に関する実験をお見せしました。写真では物の磁性について説明しています。


自己紹介では1つお題を設定するのが定番になりつつ(?)あり、今回ズバリ「好きなおやつ」でした。新歓代表Kはかりんとうと言っていたような気がします。1年生では意外と和菓子系、せんべいとかが多かったです。果たして次回のお題は・・・?

というわけで、次回の第2回新歓実験大会は4月19日(土)です。14時駒場キャンパス正門前にぜひお越しください。どうやら光の実験とか水の実験とかが行われるようです。乞うご期待。

また、もうすぐ日付も変わりますが、明日4月16日(水)は活動日です!CASTが五月祭でどのようなことをやる予定なのかを紹介します。興味のある方は5限終了後駒場キャンパス正門前にお越しください。

そしてそして、第2回新歓実験大会の翌日4月20日(日)には大きなイベントが2つ行われます。1つは日本未来科学館のイベント「Tokyoふしぎ祭エンス」でサイエンスショーを、もう1つは、松戸市民会館でのイベント「まつど宇宙と科学の日」でこちらもサイエンスショーを行います!まだ日が浅いですが、新入生にも参加してもらいたいところです。明日の募集でどれぐらいの新入生が参加してくれるのかわくわくしております。

新歓で何かありましたら、shinkan()ut-cast.netまで(()を@に変えてください)。あと、CASTはTwitter(右のリンクから)、Facebook(「東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST」)もやっております。さらにメルマガ(右の公式ホームページから登録できます)もやっておりますので、よろしくお願いします。
ではまた近いうちに。
  • 2014.04.15 Tuesday
  • 23:59

活動日誌

今月の実験(2014年2月)

皆さん、お久しぶりです。
長らく更新が滞ってしまって申し訳ありません。前回は駒場祭の準備に関するお話でしたが、あれから約3か月。駒場祭は無事終了し(3日間で約1万人のお客様にお越しいただきました。ありがとうございました!)、年も変わり、1年生の期末試験も終わり、早春のイベントラッシュが始まろうとしております。
この3か月間の出来事はこの一文でご容赦いただきまして、今までもそうでしたが、このブログは「イベントの日以外にCASTは何をしているのだろう」という疑問にちょっと答える、そういったものを目指しています。CASTでは基本的に月一回「総会」を行い、CASTをより良くするにはどうしたら良いかを話し合っています。その中ではCASTメンバーが各自で開発したり見つけてきた実験を披露する時間があります。そこで、ここブログでは毎月の総会で披露された実験の紹介を軸に、月一回以上の更新を目指してまいります。

さて、先日行われた2月総会では、新歓会議や五月祭会議も合わせて行われました。2か月後どんな新入生が入ってきてくれるのか、楽しみです。五月祭への準備もこれから本格的に始まります。その様子もこのブログで取り上げていければと思います。

それでは今回の実験の一部をご紹介します。
まずはクイズです!
クイズ
高校の化学では「体心立方構造」などを習いますが… ヒントはこちら!

びっちり詰め込んだはずの爪楊枝ですが、ところどころにすき間が…
このクイズの答えは、金属はなぜ伸ばしたり曲げたりできるのか、ということと関係しているようです。

次はこちら

人工芝の下に見え隠れする銀色の板に衝撃を与えると…

LEDが光ります!きれいですね。「踏む発電」の発展版です。
最後にこちら

カードホルダーの一部を切り取ったものをプラスチックコップに押し付けるだけで…

コップが浮きました!キーワードは「大気圧」です。中のビー玉はただのおもりです。

今回はいかがでしたでしょうか。次回もお楽しみに!
※CASTのイベント情報は公式ホームページ http://ut-cast.net/ で紹介しております。ぜひご覧ください。
  • 2014.02.19 Wednesday
  • 02:10

活動日誌

2013駒場祭・そのいち(予告編)

お久しぶりです!
めっきり寒くなってきましたね。
駒場のイチョウも色づきはじめ、秋の学園祭シーズンの訪れを告げています。

ということで今回は、東京大学の学園祭、駒場祭についてお話します!

今月の22日(金)〜24日(日)の3日間、
東京大学駒場キャンパスにて、今年二回目の学園祭である駒場祭が開催されます。

わたしたち東大CASTは、前回と同じく
サイエンスショー企画「なるほど体感!サイエンスショー@駒場」と
科学館企画「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」、
さらに今回は
CASTと科学のおはなしや実験ができる企画「サイエンストークwithCAST」もあわせて出展いたします!

今回はその中身について、少しだけご紹介していきます!

 

まずは「なるほど体感!サイエンスショー@駒場」から。
今回は2つのショーをご用意しました。

まずは1つめ、
大きな実験で「回るモノ」についての科学にせまる、
キミのアタマもフル回転?!くるくるびっくり♪まわるのふしぎ!

なにやら大きな装置がありますが、これが回るとなにが起こるのでしょうか……?

そしてカラフルな実験で「」について学べる、
キミと色とのかくれんぼ☆ 〜光の科学みぃつけた!〜

クリスマスツリーの形の影が3つ。よく見るとそれぞれ色が付いているようですが……?

それぞれのショーでは実験を見るだけではなく、工作をすることもできます!


ショーのタイムスケジュールはこちら。
 
22日(金) 13号館 1313教室にて 10:30~11:30  まわるのふしぎ
13:00~14:00  光の科学
15:30~16:30  まわるのふしぎ
23日(土) 13号館 1313教室にて 10:00~11:00  光の科学
12:00~13:00  まわるのふしぎ
14:00~15:00  光の科学
16:00~17:00  まわるのふしぎ
24日(日) 7号館 761教室にて 10:30~11:30  光の科学
13:00~14:00  まわるのふしぎ
15:30~16:30  光の科学


そして、上記の開場でショーが行われていない間に楽しめるのが
サイエンストークwithCAST」!
今回が初めてのこの企画、科学にまつわる様々なお話や実験をCASTメンバーと楽しむことができます。
用意しているテーマは「光」「草木染め」「ゴム」「プラズマ」「静電気」「液状化」など様々です!
 



最後に「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」について!
1号館105教室にて終日開催しています。
3つのブースで、とっても近い距離から実験をお見せします。

まず1つ目のブース「きてみてさわって☆ゲームのかがく!」!
みなさん
ゲーム機にひそんでいる科学や技術をお伝えします。

CASTメンバーがかけているのは赤青3Dメガネ。見たことがある方もいるのではないでしょうか。
3D画像の仕組みについて、体験を交えながら説明します。


2つ目は「じつはなかよし!?電気と磁石」!
電気磁石の、すこし不思議でとっても面白い関係について説明します。

クリップが磁石の力でくっつけられているようです。でもボタンを離すと……?


そして3つ目は「服から発見!おしゃれの科学」!
名前の通り、普段着ているから科学を見ていきます。

見た目はそっくりの2枚の布、それぞれに水を垂らすとどうなるのでしょうか?
寒い季節、わたしたちを暖かくしてくれる服について、その仕組みを見てみましょう!

このブースではかわいいお土産が作れる工作もあります!

ふわふわな羊毛がいっぱい!
現在袋詰め作業の真っ最中です。
一体これからどんな工作ができるのでしょうか?
 



なるほど体感!サイエンスショー@駒場」と
サイエンストークwithCAST」、
そして「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」、
すべて改良に改良を重ね、お客さんに楽しんでいただけるようじっくり練ってきたものです。
気になる実験がありましたら、ぜひぜひお立ち寄りください!
みなさんのご来場、心よりお待ちしております!

今回の企画は駒場祭お勧め企画にも選ばれています。
駒場祭委員会HPの方も是非ご覧ください。

それでは今週末、東京大学駒場キャンパスでお会いしましょう!
  • 2013.11.18 Monday
  • 23:08

活動日誌

五月祭2013.その4

こんにちは。
関東では少し前に梅雨が明けて、暑い日が続くようになりました。
いつのまにか蝉の鳴き声も聞こえ始め、季節はすっかり夏だ邸
CASTメンバーは、7月末の期末テストに向けて勉強中です。



それでは、すっかり遅くなりましたが、
前回書ききれなかった、五月祭当日のようすをお伝えしましょう。

まずは、前回の予告どおり
2日間で4回行われた「サイエンスミュージアムonステージ」のようすから。
こちらは、昨年の五月祭でも演示した、
アントシアニンの入った水をシャンパンタワーに注ぐ実験。
グラスの中に仕掛けてあったクエン酸や重曹の粉がアントシアニンと反応して、
むらさき色の水が赤や緑に変わるようすをお見せしました。

ショーの中では、いくつかお客さんに参加してもらえる実験も行いました。
この写真は、こどもたちに電気の回路の一部になってもらって、
音楽を流そうという実験でした。
こどもたちが回路をつないで、音楽が聞こえはじめれば実験成功!

各回ごとに、ショーが終わるたび簡単に反省会を行い、
うまくいったところ、改善した方がいいところを出し合っていきます。
最後の最後まで、ショーの見せ方、伝え方にこだわっていくのですね。

お客さんのようすはこんなかんじ。
たくさんの人が来てくれてる邸
2日間、4回のサイエンスショーで、
1,200人のお客さんとサイエンスコミュニケーションすることができました!


また、1日目の午後3時から、
「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」が行われていた
工学部11号館の1階で、
30分ほどの短いサイエンスショーも行いました。

ビニールプールをふくらませ中。
これを2つくっつければ、いつも小学校で披露している巨大空気砲のできあがり!

写真のように、偏光板をつかった工作や、
ワックスで白くにごった水に白い光を当てると7色の光にわかれる実験などなど、
ふだんのサイエンスショーで見せている実験を披露しました。


2日目の午後6時に全企画が終了すると、企画場所の片づけをはじめます。
まあ、昨年の駒場祭の記事で紹介したようすと大きく変わりはないんですが…
説明パネルを処分して、紙とダンボールに分別します。
しっかりとのり付けしていたので、はがすのも一苦労ですが、
人数が多いので、片づけもふだんよりスピーディに進みました。

2日間使わせてもらった会場も、しっかりお掃除。
もとあったきれいな状態に戻します。

片づけが終われば、ことしの五月祭も無事終了。
荷物を戻しに駒場キャンパスへと、工学部11号館から帰りました。


最後に、みんなで撮った集合写真がこちら!
水分子の模型が目立っているように見えるのは、気のせいかな…?


今回も、小さなお子さんから大人の方々まで、
たくさんの人とサイエンスコミュニケーションすることができました。
今回も、お客さんたちが実験をとおして
さまざまな科学にふれていたようすを見ることができて、とてもよかったです。

また、CASTに入ってくれた新入生のみんなも、
今回の、はじめての学園祭をとおして、
この活動の楽しさ、おもしろさ、魅力を感じてくれたのではないでしょうか。

個人的には、「前に○○のイベントに来てくれていましたよね!」と
お客さんに声をかけていただいたり、
「毎年見に来ています!」というお客さんにお会いできたりしたのが、
今回の五月祭で、つよく印象に残ったことでした。

以上で、五月祭2013のレポートは終わりです。
来てくださったみなさん、ありがとうございました。
みなさんが、少しでも科学のおもしろさを感じてもらえたならうれしいです。
今回は行けかったなぁ…というかたも、次回以降の学園祭で、
ぜひ「なるほど実感!サイエンスミュージアム」に遊びに来てくださいね!


最後に、ちょっとおまけでこんなお話。
ことしのCASTの夏休みのようすを、ちょっと覗いてみましょう。
青い印がある日が、
実験教室やサイエンスショーなどのイベントのある日なのですが…

ほとんど毎日なにかしらのイベントがあるんですね。すごい邸
それだけ、CASTがいろいろなところから
お声をかけていただいている、ということですね。
もしかしたらみなさんのところにも、実験教室をしに行くかもしれませんよ!?

CASTを見に来ていただけるイベントもいくつかあるので、
ぜひぜひ遊びに来てくださいね。
この夏休みに、みんなと会えるのを楽しみにしている邸

それでは、暑い日が続きますが、体調をくずさないようにお気を付けください。
お読みいただき、ありがとうございました。


  • 2013.07.20 Saturday
  • 15:57

活動日誌

五月祭2013.その3

こんばんは。
今日は梅雨の晴れ間ということでだいぶ暑くなりましたね。
気がつけばもうすぐ7月。夏はもうすぐそこだ邸

さてさて。ご報告が遅れましたが、
今年もぶじに、五月祭に出展した科学館企画
「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」が終わりました。
今回は、五月祭当日のようすをお伝えしていきましょう!

出番だ邸


まずは、「かしこく味わう!おいしい科学」ブースから。
こちらのブースでは、料理のなかにひそむ科学をご紹介ということで、
ごはん、納豆、おみそ汁」という、
とっても和風な献立に沿って実験をお見せしました。
こちらは、小学校高学年で習うヨウ素でんぷん反応という実験を使って、
お米ともち米(ついでにジャガイモも)のちがいを見てみようという実験。
え?ヨウ素でんぷん反応なんだから、ぜんぶ青紫色なんじゃないのって?
いやいや、そうじゃないんですよ。ぜひおうちでも試してみてください!

そのほか、こんな実験も。
おお!コカコーラゼロだけが浮いてる邸
これは糖分の有り無しで重さがちがうね、という実験。
この原理が、甘い野菜を見分ける方法にも使われているんだとか。


つづいて、「壊して遊ぼう!建築の科学」ブース。
こちらのブースでは、ものをこわれにくくする科学をご紹介しました。
たとえば、こんなかんじ。
つくえの上には、4つほど、家の模型があるのが見えますね。
同じもののように見えますが、揺らしてみると違いが分かります。
「最近よく聞く免震(めんしん)、耐震(たいしん)、制振(せいしん)って
どういうことだろう?」
という疑問に、それぞれモデルを使いながらお答えしました。

このブースでは、建築の科学ということで、
ストローを使って正四面体、立方体などを作って、
強さをくらべてみよう!という工作も行いました。
三角とか四角とか、ちょっぴり小学校の算数みたい…?
子どもたちも夢中で作っています。CASTONもやってみたい邸


また、入り口にはこんなものも置かれていました。
わあっ、大きなプラズマボール
明るい中でもプラズマの光がよく見えますね。
ご来場いただいたみなさんが、こわごわとさわっていくのが印象的でした。


最後に、「身近なモノ 水から考えよう」ブース。
水をあたためると水蒸気になり、水を冷やすと氷になる、といった
水の状態変化という現象をとおして、わたしたちの身近にある水というものが
すごく変わったモノだということを知ってもらいました。
ビンの中の空気を抜いていくと、お湯がいきなり沸騰する実験や、
力をかけると氷がとけて水になる展示などなど、
水や状態変化に関するちょっとびっくりでおもしろい実験を
圧力、密度という言葉をキーワードに、
水の模型などを使ってわかりやすく解説しました。


最後に、すべて見終わったらアンケートを書いていただきました。
ご協力ありがとうございました、だ邸
そして…
アンケートボックスのうしろには、
「サイエンスミュージアムonステージ」の案内が!


というわけで、次回は
「サイエンスミュージアムonステージ」のようすや、
1日目の15時ごろに行ったパフォーマンスのもようなどをお伝えしますね。
それでは。
  • 2013.06.28 Friday
  • 22:52

活動日誌

五月祭2013.その2(当日編)

おはようございます!
いよいよ、2013年五月祭本番の朝を迎えました!
よく晴れていて、朝日がまぶしいですね。学園祭日和だ邸

今回の記事では、ちょっと手短に、
昨日の前日準備のようすをお伝えしていきましょう。

さて、昨日のお昼頃、授業を終えたCASTメンバーが
五月祭の準備をはじめました。
ふだんわたしたち東大CASTが活動しているのは駒場キャンパスですが、
五月祭は、東京大学本郷キャンパスで行われるため、
まずは荷物の運び出しからスタートです。
たくさんの荷物だ邸でも、これはまだほんの一部。
みんなでおおきな荷物を抱えて、本郷キャンパスに向かいます。


本郷についたら、会場の設営をはじめていきます。
段ボールパネルに紙をはりつけたり、飾りつけしたり、宣伝のビラを壁に貼ったり…

サイエンスミュージアムはこちら→!ということで。
たくさん印刷したビラを、建物中にはりつけていきます。


当日お客さんにお配りする、パンフレットも会場に持ってきました。
あ、これ、駒場祭2012のときも見た光景だ…
手が空いたメンバーで、パンフレットに企画のアンケートをはさみこんでいきます。
今年もとってもおもしろいパンフレットになったので、
ぜひ読んでみてくださいね!


そんなこんなしているうちに、だいぶ会場ができあがってきました。
おお、サイエンスミュージアムっぽくなってきた邸

ちなみに外はこんな感じ。
工学部11号館前で、ふと見上げるとサイエンスミュージアムの看板。
これをみかけたら、工学部11号館2階に行くしかない…!?


装飾がひと段落したら、空いた時間に説明の練習です。
来てくれたお客さんに楽しんでもらうため、最後までがんばります。
こちらは「身近なモノ 水から考えよう」のようす。
説明のようすをみんなで見合って、最終チェックです。

「サイエンスミュージアムonステージ」も、リハーサルをして当日の動きを確認。
さて、これはどんな実験なんでしょうか?
なにやらホースを広げているけれど…?


というわけで、だいぶ駆け足でしたが、
昨日の学園祭準備風景をお届けしました。

いよいよ、半年間準備してきた五月祭の本番です!
ことしはどれだけの人に、科学のおもしろさ、たのしさを伝えられるでしょうか?
みなさんも、ぜひ遊びに来てくださいね!
(企画の場所は前回の記事でご確認ください)

それでは会場でお会いしましょう!
  • 2013.05.18 Saturday
  • 06:57

活動日誌

五月祭2013.その1

おはようございます。
なんと昨日は、日本全国のあちこちで真夏日になったそうですね!
たしかに東京も長袖だと暑かったです。もうすぐ夏だ邸


さて、前回の記事で予告していたとおり、
今回は今年の五月祭についてお話していきましょう!

今月の18日(土)19日(日)の2日間
東京大学の本郷キャンパス(赤門や安田講堂があるところです)にて、
東京大学の学園祭、五月祭が開催されます。

わたしたち東大CASTも、昨年に引き続き、

科学館企画「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」と、

サイエンスショー企画「サイエンスミュージアムonステージ」

2企画を出展いたします!

今回の記事では、その2つの企画のなかで
どんな実験が見られるのか、どんなカガクと出会えるのか、
写真付きでご紹介していきましょう!



まずは、
「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」の企画から。
ことしも例年通り、工学部11号館2階ロビーにて開催しています。
(本郷キャンバス正門から、左に曲がって少し進んだところだ邸)
そこでお見せしているのは、半年間かけてつくりあげてきた3つのブース。


早速、1つ目のブースから見ていきましょう。
「身近なモノ 水から考えよう」というブース。
雨や飲み水や海の水など、わたしたちの身近にある
「水」というものの不思議さ、おもしろさを伝えるブースです。

というわけで、
水を使った実験がたくさん!
どうやら、ビンにつないだピストンを、ぐぐぐっと引っぱっているようですね。
一体何が起きているんだろう…気になる邸
実験が成功すると、CASTメンバーからも歓声が上がる、とってもびっくりな実験です。

ふとつくえの上に目を移すと、なにやらこんなものが。
なにやら机の上に丸いつぶつぶがくっついたものが並んでいますね。
白いたまと水色のたまが、たくさんつながっているようですが…
これはいったい、なにをあらわしているのでしょうか?



つづいて、
「壊して遊ぼう!建築の科学」というブース。
ここでは名前の通り、もののこわれ方のふしぎや、
反対に「壊れにくくするにはどうすればいいだろう?」ということを、
いっしょに考えてみます。

たとえば。
CASTメンバーが持っているのは、それぞれ
「免震(めんしん)」「耐震(たいしん)」「制振(せいしん)」と書かれたボード。
一昨年の震災以来、よく耳にするようになった言葉達ですが、
いったいこの3つのちがいってなんなんでしょうか?
そんな疑問に、このブースが実験を交えて答えてくれますよ!

さらに、このブースでは建築についてわかる工作もあります!
CASTONも、作ってみたい邸
ぜひ、工作も楽しんでいってくださいね!



最後に、
「かしこく味わう!おいしい科学」というブースを見ていきましょう。
このブースでは、毎日お母さんたちがつくる料理の中にかくれている科学のチカラを、
実験と、かわいらしくてわかりやすい絵を使って、
いっしょに見ていきます。
というわけで早速、かわいらしい絵をどうぞ!
なんだか、赤いお魚さんみたいなのがいっぱいとびはねてる邸
はたしてこれは何の絵でしょうか?
わたしたちがお正月によく食べる、ある食べ物に入っているものですよ!?


また、このブースでは、おうちでも実験できるおみやげがもらえます。
おみやげを袋に詰めている新入生たち。
一体何の実験ができるのかなぁ?
ぜひ、おうちでもおみやげを使って実験してほしい邸



「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」の紹介はここまでですが、
18日(土)15時から30分程度、工学部11号館1階の屋内休憩所にて、
CASTによる、巨大空気砲などが見られるパフォーマンスがあるので、
そちらもぜひご参加ください!



最後に、
「サイエンスミュージアムonステージ」のご紹介!
サイエンスショー企画ということで、
大きな音がなったり、水をたくさん使ったり、
屋内ではできない派手な実験がたくさんみられますよ〜!

まずは、昨年も好評だったこの実験から!
水鉄砲を持った2人のCASTメンバー。
とっても楽しそうだけど、いったい何をしているのでしょうか?
ヒントは、水鉄砲をかけられている新入生が着ている、ピンク色のTシャツです。

つづいてはこちら。
どうやら何人かで輪になって、なにかをにぎっているようですね。
なにが起きているのか、写真ではお伝えできないので、
ぜひサイエンスショー企画にも足を運んで、「なるほど実感!」してみてください!

「サイエンスミュージアムonステージ」のタイムスケジュールはこちら。

18日(土) 09:00〜10:00 (1時間)工学部前広場
16:30〜17:20 (50分) 合格通り広場
19日(日) 12:00〜12:30 (30分) 合格通り広場
14:30〜15:00 (30分) 合格通り広場


(「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」、
 「サイエンスミュージアムonステージ」両企画の詳細な情報については、
  東大CASTのHP、または五月祭委員会のHPでご確認ください。)


冒頭に、今月の18日(土)、19日(日)と書きましたが、気づけばもう今週末なんですね。
昨年の12月から準備を進めてきた五月祭ですが、
入ってくれた新入生とともに、より楽しんでもらえる企画を目指して
ラストスパートで練習や改良をがんばっています!
(日が沈んだ放課後、「サイエンスミュージアムonステージ」の練習風景。
 真ん中の、きれいな色をしているものはいったい…?)


それでは今週末、東京大学本郷キャンパスにてお会いしましょう!
それじゃあまたね、だ邸
  • 2013.05.16 Thursday
  • 06:22